純引き蒸留

江戸末期、 長崎の出島から日本に伝えられた精油や芳香蒸留水を抽出する器具が、銅製のアランビックです。銅を日本の名産である陶器に置き換えて作られた蘭引きは、身分の高い人や、漢方医、位の高い武家に伝わり、健康と美容のために役立てられてきました。
大正期になる と、蘭引きは姿を消してしまいましたが、それを惜しみ、西伊豆の戸田舟山にお住いの野口純さんによって開発制作されたのが陶製の水蒸気蒸留器の『純引き』です。縁あって、初期モデルの純引きを購入して以来、庭のハーブなどで植物の芳香蒸留水を作り続け、その恩恵に浴してきました。純引きの素晴らしさの特徴を箇条書きにしますと・・・

*純国産品古瀬戸の椿山窯で一点ずつ轆轤製作。
*1つの蒸留器で水蒸気蒸留とハイドロ式の2つの抽出法を選べる。
*植物精油付着の洗浄が簡単。
*扱いなれた陶製で、管はガラス管13センチのみで扱いが簡単。
*陶製は植物の強酸に耐えられる。
*陶製で金属を使用していないので、酸化化合物の溶出がなく安心。
*新鮮なノンケミカルのハーブ蒸留水が作れる。
*陶器の遠赤効果で優しい蒸留水。
*庭で育てた安心・安全な植物を使える。
*季節ごとのハーブ剪定葉を捨てることなく全部使える。
*小型コンパクトで収納が簡単。

舟山草花樹氣水

何年もの間、販売されていなかった純引きですが、このたび作者の野口純さんの熱意と古瀬戸椿山窯の加藤先生のご厚意により、限定製作で60台再販されることになりました。 以下、舟山草花樹氣水hedawhig蒸留倶楽部HPより、ご紹介文をお借りいたしました。

☆☆家庭用陶器製<常圧>蒸溜器 純引-350☆☆
植物の雫を暮らしに 少量素材で良質の蒸留水作り陶磁器製蒸留器で作る<常圧蒸留水>は、
穏やかで優しい植物蒸留水が生まれます。
当倶楽部では、水蒸気に植物の<氣>が解け合う <氣水>と呼んでいます。
一般では、様々に呼ばれています。
ハイドロゾル、ハーブウォーター、フローラルウォーター、芳香蒸留水
植物の特性をの理解の上、愉しくご利用ください。
皆様の植物力の世界が広がります様に、願いをこめて

純引きの公式サイトはこちら→http://www17.plala.or.jp/hedawhig/junbiki-161.2006.0127.htm

純引き蒸留会

純引き蒸留でつくる氣水のすばらしさを皆様とわかちあうために、不定期に蒸留会を開催いたします。折々の植物を蒸留して氣水をつくり、その特性や使い方をシェアしあいましょう。
季節のお菓子をいただきながら、ゆったりと香りにひたる贅沢な時間をご一緒に・・・

2022年5月11日(水)13:00~16:00

こちらのFACEBOOKページをご覧ください

お問い合わせ・お申し込みは下記アドレスまでお願いいたします。
yuki.holly2012★gmail.com  ★→@

タイトルに「蒸留会に参加します」と明記の上、お名前と当日ご連絡できるアドレス・携帯番号をお知らせください。

*キャンセルポリシー*前日のキャンセルは、参加費をお振り込みいただき、氣水を郵送させて
いただきます。よろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました